髪の手入れをシャンプーから見直す

ノンシリコンシャンプーとオイル

シャンプーでヘアケア

ヘアケアのコスメティックスとして、ノンシリコンシャンプーを愛用している人が増えてきています。

愛用のシャンプー

 

以前のノンシリコンタイプのコスメティックスは、刺激こそ少ないものの
泡立ちが悪かったり、洗い上がりに髪がパサついているなどの
使い心地の悪さが不満点でしたが、近年ではノンシリコンシャンプーの種類も
増えましたし、洗い上がりやテクスチャー、泡立ちなど様々な点において
改善されたコスメティックスがたくさん出ています。

 

こういった自然派のコスメティックスを使うときには、
ノンオイルであるかどうかも注意しましょう。


中には鉱物油などの合成油を使用して髪につやを出しているものなどもありますが、
これは実際に髪質が良くなったわけでもありませんし、逆に自然派のヘアケア製品とは
対極の成分を配合していますので、おすすめできません。

 

もちろん、特に問題なく使用できる人の場合は構いませんが、
ノンシリコンタイプのヘアケアを使っても改善されないという人は成分に注目しましょう。

 

沢山のノンシリコンシャンプーが出ているということは、各メーカー差別化をしています。
香りやデザインだけでなく、本当にチェックしたいのはこの成分です。


成分も配合も各メーカーによっても違いますので、本当に天然の成分だけを
使っているかどうかなどを判断する基準となります。

判断基準


安くてもノンシリコンと言っているだけで、他の人工の成分を
多数含んでいるようでは意味がありません。
難しい言葉も多いですが、少しでも理解できると選ぶ基準となります。

Copyright© kami-kyukyu Tokyo All Rights Reserved.