HOME 仲介  諸費用  注意点  買取  名義  再建築  相続  ハウスクリーニング代  SITEMAP

家の買い取りについて

名義

親名義の家売却で問題が起こりやすいのは、
実際に誰の名義になっているかの確認です。

共有になっていないか、抵当権など使用を制限される権利の
登記がされていないかなど確認事項は多いはずです。

ただ単に話だけでは、売却後の権利関係が複雑になってしまう可能性があります。

抵当権

登記簿の見方がわからない場合は、司法書士などとよく相談する必要があります。

次に、名義人がはっきりしたら、贈与が発生しないように注意する必要があり、
これが最も重要な問題になってきます。

贈与だと税務署が認定した場合、贈与税が課税されます。
贈与税は相続税を軽減させるために利用する場合がありますが、
一般的には最も高い税金だと言われています。

親名義の家を売却して、売却代金を子供のものにするというケースを考えてみます。

まず、家売却以前に家自体を子供に贈与してしまう方法が考えられます。
贈与税は年間110万円まで課税されませんから、家の時価が110万円以下であれば
贈与登記してしまう方法です。

これなら、売却代金は子供のものですから、全く問題はありません。

贈与税

家の時価が110万円を過ぎている場合は、110万円の部分だけ贈与する方法も考えられますが、
権利関係などが複雑になります。家売却後に売却代金を贈与するとなると、
その金額から110万円を控除した金額に贈与税が課税されます。

家売却前に贈与する場合と同じ結果になるように思えますが、
金額の考え方で異なってくる場合があります。

さらに、売却代金で子供が住宅を取得する場合には、贈与税が
非課税になる特例がありますので検討してみましょう。