HOME 仲介  諸費用  注意点  買取  SITEMAP

HOME

家売却には、仲介と買取のふたつの方法がありますが、特徴は異なり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

まず仲介は、不動産会社に家売却を依頼し、不動産会社が営業力を生かし、市場に広く流通させて購入希望者を探す方法で、担当者の力量や営業力に頼るため、会社選びが重要になります。

レインズ

仲介の依頼を受けた不動産会社は、会社のサイトや情報誌などへの掲載、折り込みチラシやポスティングなどの営業活動を行い、市場に物件を流通させます。
また、不動産業者のみが使用できる、全国ネットワークのレインズにも登録される点は大きなメリットですが、仲介手数料が発生するのがデメリットです。

仲介を依頼するために、前段階として通常は査定を依頼します。

査定の結果、不動産会社に仲介を依頼しますが、この契約を媒介契約と呼び、3ヶ月契約が基本です。不動産会社は、媒介契約後に営業活動を行って購入希望者を募集し、売主は購入希望者と交渉して、条件が合えば売買契約を結びます。

売買契約後に、一定の手続きを踏んだ後、仲介手数料を支払うと取引が完了します。

登録

実際の家売却の価格は買主との交渉によって決まりますが、一般的には査定価格よりも低い価格で売れる場合が多いとされています。

一方買取は、不動産会社に売却する方法で、売主にとって仲介手数料がかからない点は費用面ではメリットになりますが、仲介による家売却よりも価格は大きく下がるというデメリットがあります。

しかし、早く確実に売れるので、家売却の期限に追われている場合は重宝します。

この方法では、買取業者に査定依頼をし、買取業者が買い取り金額を査定価格として提示し、金額に納得できたら売買契約を結び、決済や登記を済ませて引き渡しをします。